キャッシング審査に通らない

MENU

キャッシング審査に通らない方へ

キャッシングを利用したいけど、審査に通るか不安……
誰もが最初はそう思うものでしょう。
収入証明不要カードローン会社は、詳細な審査基準を公表していません。
各社独自の審査基準を用いて、申込者の返済能力を判断し、審査に合格できなかった方は、その明確な理由を知ることはできません。
単に、「当社の基準に合格できませんでした」といわれるだけです。

 

しかし、合格できないことには、必ず何らかの理由があるはずです。
そこで、キャッシングの審査にどうしても合格できない方には、どのような特徴があるのかを考えてみましょう。

 

○属性に問題がある。

 

申込者の属性自体に問題がある方は、審査に合格することはできません。
年齢や勤務状況、収入などの各項目に、返済する上での障害がある方です。
キャッシングの審査と聞くと、どうしても収入の多さが注目されると思われがちですが、実際はそうでもありません。
大切なことは、その収入が常に安定していることなのです。

 

収入の他では、勤続年数や保険種類などで条件に当てはまらない方が多いようです。

 

○総量規制の範囲内の申込か。

 

2010年に貸金業法が改正され、総量規制の制度が導入されました。
年収の3分の1を越える貸出が禁止されましたので、これを越える申込では、審査に合格できることはありません。
例えば年収が何千万円あったとしても、3分の1を越える金額の利用はできないということです。

 

これは、逆に年収の3分の1以内の申込であれば、審査に合格できる可能性が十分にあるということです。
他の項目で問題がない方であれば、希望通りの金額で借入できることもあります。
収入が多いか少ないかというようりも、収入と借入金額の割合が重要であるということです。

 

○他社の借入状況に問題がある。

 

前に説明した「個人信用情報」の照会で、利用者のクレジットヒストリーが詳細に分かるようになっています。
ここに問題がある方は、まず審査に合格することができません。
過去の利用で3ヶ月以上の延滞がある方、債務整理・自己破産・民事再生などの履歴がある方は、現在は正常であっても、審査に合格はできないでしょう。
通常、これらの記録は発生から5年間は保存されます。

 

また、短期間に複数の先に申込んでいる方も、審査では厳しい判断をされます。
いわゆる「借り逃げ」をされるのではないか、と考えるためです。
不安から、次々と申込を行う方がいらっしゃいますが、不利になるだけなのでつつしみましょう。

 

○誠実な方であるか。

 

様々な項目をクリアーしていても、最後で判断するのは審査担当者です。
受付時に不審感を抱くような行動をとっていないでしょうか。
信用できない方に、お金を貸すことはできないでしょう。

 

イライラして罵声を浴びせたり、受付の女性に気を引こうとしつこく言い寄ったりする方に対しては、よい印象を持つわけがありません。
このような行動は、審査にも大きな影響を与えることになります。
申込を行うの人間であれば、審査を行うのも人間なのです。

キャッシング審査と個人信用情報

キャッシングの審査とは、申込者の返済能力を判断することです。
というと、どうしても収入面だけにとらわれてしまいます。
確かに、一定の収入が安定していることは、審査でも最重要視される項目です。
しかし、キャッシングの審査では収入面だけを見るものではないことにも注意しなくてはいけません。

 

審査項目で、意外と知られていないものが「個人信用情報」です。
個人信用情報とは、キャッシングをはじめとする個人ローン関係の情報を集めているものです。
個人信用情報は、「個人信用情報機関」と呼ばれている機関が、収集や提供を行っています。
日本における個人信用情報機関には、以下の3つがあります。

 

@全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

全国銀行協会(全銀協)が運営する信用情報機関です。
会員には、一般会員(全銀協に正会員として加盟している銀行)と特別会員(一般会員以外の銀行または法令によって銀行と同視される金融機関、政府関係金融機関またはこれに準じるもの、信用保証協会、個人に関する与信業務を営む法人で信用保証協会以外の会員の推薦を受けたもの)があります。
保有する情報は、銀行系クレジットカード、銀行などの個人ローンなど、8000万件以上です。

 

A株式会社シー・アイ・シー(CIC)

 

クレジットカード発行会社、信用保証会社、ローン・リース会社などが加盟しています。
2009年3月時点の保有情報量は5億件以上。
原則で月1回の更新が義務付けられており、精度の高い情報であるとされています。

 

B日本信用情報機構(JICC)

 

貸金業者系の信用情報機関です。
2009年に株式会社テラネットが全国信用情報センター連合会加盟33情報センターから事業承継を受け、商号変更して発足しました。
多くの情報は、先の2つと相互交流が行われています。

 

これらの個人信用情報に何らかの問題がある場合には、キャッシングの審査にはまず合格できません。
その問題には、以下のようなものがあります。

 

・本人都合による支払遅延や代位弁済の履歴
約定日(支払日、口座引き落とし日など)までに正しく支払が行われず、遅延扱いになった場合には、会員会社の判断で情報が登録されます。

 

・事故・異動情報が発生した場合
約定日から数ヶ月過ぎても延滞状態だったり、支払遅延が複数回発生すると登録されます。

 

・直近の申込状況が集中している場合
短期間に複数の借入を申込んだ場合には、「借り逃げ」の恐れがあるとされます。
期間的には、直近3ヶ月〜1年程度とされています。

 

・申込時の申告内容と相違があった場合
申告した借入残高と、信用情報機関に登録されている借入額が大きく異なる(虚偽申告)の場合です。

 

・携帯電話料金の滞納
2009年頃からは、携帯電話・スマートフォンを分割払いで購入し、その後電話料金を3ヶ月滞納した場合には、個人信用情報機関に登録されるようになっています。

 

・中高年以上では、クレジットヒストリーが存在しない場合
「クレジットヒストリー」とは、個人ローンやクレジットカードの利用実績のことです。
ある程度年齢がいった方で、これまでの利用実績が全く無いという方は、逆に不審に思われることがあります。